エアコンはつけっぱなしの法がお得?

エアコンの節電 つけっぱなしの方がお得?|エネファン

エアコンの節電 つけっぱなしの方がお得?

エアコンの節電方法を紹介します。
エアコンは家電の中でも消費電力は高めで、うまく使うことでエコや電気代を節約することに繋がります。

 

エアコンはつけっぱなしの方がお得?

エアコンで一番多い質問がコチラ。実際に検証結果が出ています。
結果は・・・エアコンはつけっぱなしの用が省エネでお得!

 

エアコンは起動時に多くの電力を必要とするため、オンオフを繰り返して使っていると電気を余計に使ってしまうということになりました。また運転を切って部屋の温度が上がってから運転を再開すると、設定温度とのかい離があるため最初により冷たい風を多く送ることになり非効率的な運転になりエネルギーを多く使います。最適な温度に設定して自動運転にでつけっぱなしにしておくのが一番効率的で省エネという結果になりました。

 

※この検証は最新モデルでの検証となっています。近年発売したエアコンだと同じ結果が出ると思われますが、あまりにも古い機種だとこの結果通りになるかはわかりません。

 

 

設定温度を1℃変えるだけで10%節電

設定推奨温度は夏は28℃冬は21℃と言われています。個人差があるので自分が快適な温度に設定されるとよいと思いますが、エアコンに頼りすぎて設定温度を低く(冬は高く)しすぎると快適に感じるかもしれませんが、冷房病やクーラー病とも呼ばれる頭痛やだるさの原因になりますので適度な温度設定が重要です。
エコや節電の観点から行くと設定温度を1℃変えるだけで10%の節電につながるといわれていますので、体に無理がない程度に夏は少しでも設定温度を高めに・冬は低めに設定しておくとよいと思います。

 

 

自動運転が一番効率的

最近のエアコンは自動運転にしておくことでさらに節電へつながります。自動運転は効率的な運転をしてくれるので、温度を設定して後は自動運転にしておくのが一番省エネにつながります。

 

 

うちわや扇風機を併用

人は風を感じると体感温度が下がるようになっています。エアコンの温度設定を1℃か2℃くらい高めに設定して、うちわやセンスで仰いだり、扇風機で自分に風を送ることでより節電へつながります。扇風機の電気量は大したことはないので、エアコンの設定温度を高めに変えて扇風機併用することがエコになります。また直接身体に風を送りたくない場合は、扇風機の風を壁などに反射させるとよいでしょう。冷たい風が循環することで体感温度も下がり快適になります。

 

 

フィルターの掃除

フィルターにほこりなどがつまると効率が落ちます。つまりの程度にもよりますが、掃除を行うことで5%〜25%もの節電につながるといわれています。
メーカーでは2週間から1ヶ月ごとのフィルター清掃を推奨しています。なかなか時間がとれない方もたまにはフィルターの掃除を行うことでエコにつながるので心がけるようにしてください。