電力会社を変更した方が良い理由

電力会社を変更した方が良い理由|エネファン

2016年4月より始まった電力自由化で一般家庭でも電力会社を選べるようになりました。当サイト「エネファン」では電気料金をよりお得にするべく新電力会社を比較して掲載しています。

 

しかし仕組みが分からないという方も多く、

  • 電力会社を変更するのが不安だ
  • 面倒臭い
  • たいして安くならない
  • 何かあった時に新電力会社では対応できない

などと変更に踏み切れない方が多いのも事実です。なので私が思う電力会社を変更した方が良い理由を簡潔に書いていきたいと思います。

 

 

電力会社を変更した方が良い理由

まず絶対的な条件として、新電力会社に変更しても電気の質は変わりません。そのため停電等のリスクも今までと全く変わりません。ここを押さえておいてください。電気というのは絶対的に必要なライフラインと政府が認めているために保証されています。

 

つまり新電力会社に変更しても、しなくても使っている電気は一緒なのです。購入先が従来電力会社(東京電力や北海道電力など)から新電力会社に移るだけです。送られてくる電気は今まで通り電線を通ってくるので一切変わりはありません。

 

ということは、隣の家の人と全く同じ電気を使っているのにもかかわらず電気料金に差が出てくるということです

 

 

例えば全く同じティッシュペーパーを買うのに
A店では100円
B店では150円
C店では80円
ということが電気でも起こっているということです。

 

しかもティッシュペーパーは無くなったらまた買いにいかなければなりませんが、電気は最初に契約を切り替えるだけでずっと契約した会社から同じ条件で電気を買うことができます。ちりも積もれば山となってかなりの差額になります。

 

全く同じものを使うのだったら安い方が良いのは当たり前ですよね?(ここでは環境に配慮している会社が良いとか、応援している企業がある場合は除きます)
せっかく現在よりも安いプランを提示してくれる会社があるのに、移行しないのは賢い選択とは言えません。自分で選択をして今の会社のままが良いのだったら問題ないのですが、ただただ何も考えずに今の会社のまま他の家と同じ電気を高い料金で使っているのは本当にもったいないと思います。

 

せっかく政府が電力会社を選択してくれる権利を与えてくれたので、自分で選択して電力会社を選んでみてください。仮に新電力会社が倒産しても電気が止まることはありません。従来電力会社に自動的に切り替わります。そうなったらまた選びなおすことも可能です。先ほども書きましたが電気は政府が保証してくれています。

 

自分でしっかりと電力会社を選択してみてください。年単位で見るとかなりお得になる家庭も多いです。
税金など払うものは勝手に支払われる仕組みですが、お得になる制度は基本的に自分が申請しないとお得にならないものが多いです。
この際、生活を少しでも良くするためにしっかりと新電力会社をみてください。ほぼ確実にお得になる電力会社が見つかると思いますよ。

 

エネファンTOP