中部電力がガス小売りに参入

中部電力がガス小売りに参入

中部電力がガス小売りに参入

来年2017年4月に始まるガスの小売り自由化。それに伴い中部電力が一般家庭へのガスの小売りに参入すると発表がありました。
2016年4月より始まった電力自由化に次いで始まるガス自由化。これによって電力会社やガス会社が電力とガスをまとめたプランが出てくることが予想されます。
一般家庭での都市ガスは地域ごとに事業者が決められていましたが、今回の小売り自由化によって私たち一般家庭でもガス会社を選べるようになります。

 

中部電力は愛知・岐阜・三重の東邦ガスの供給区域で今後5年間で20万件顧客獲得を目指すということです。この地域は現在東邦ガスがガスを提供していますが、小売自由化で顧客獲得を目指していきます。

 

「新規参入者ですから、やっぱり東邦ガスさんの胸を借りて、チャレンジャーとして、お客様を獲得していきたい」(中部電力 勝野哲社長)

 

今後他の地域でもガスの小売りに参入する企業が現れてくるものと思います。2017年4月にスタートするまでまだ時間はありますが、どのような動きが出てくるか注目ですね。