国内初 ビットコインで電気料金を支払える

国内初 ビットコインで電気料金を支払える

国内初 ビットコインで電気料金を支払える

仮想通貨であるビットコインで電気料金を支払うことができる新電力会社が誕生します。その名も「coincheckでんき」。ビットコインの取引所を運営するレジュプレスという会社が立ち上げた新電力会社となります。

 

2016年11月にサービス開始の予定で、電気料金を含む公共料金がビットコインで支払い可能となるのは国内初のことです。レジュプレスはビットコインの普及を目指していて、国内に約3万の口座があります。ビットコインの使い道を色々と広げることによって普及の大きな一歩となるであろうとされています。

 

coincheckでんきについて

「coincheckでんき」は電気代をビットコインで支払うことができるプランを含め、ライトユーザー向け、ヘビーユーザー向けの2つの料金プランを用意した電力サービスです。

 

ライトユーザー向けプランでば今までの電力料金と変わりませんが、電気料金の4〜6%がビットコインとしてcoincheckのウォレットに貯まっていく仕組みとなっています。
ヘビーユーザー向けプランでは電気料金は既存の電力サービスよりも4〜6%お得になるプランです。電気料金をビットコインでお支払いいただけるのが特徴です。
現在coincheckでんきの提供エリアは関東・関西・中部エリアとなっています。今後提供エリアの拡大も目指しています。
現在事前登録を行っています。