looopでんきにデメリットはある?評判は?|エネファン

looopでんきにデメリットはある?評判は?|エネファン

looopでんきの電気の特徴

looopでんき

looopでんきは自然エネルギーによる発電に重点を置いています。水力・風力・太陽光発電など環境に優しい発電をスタンダードするビジョンです。

 

驚愕なのは電気料金の基本料金が0円ということ。現在基本料金が無料のプランが確認できたのはlooopでんきのみです。使用した電力料金を払うというシンプルな料金体系もわかりやすい!

 

価格.comでは電力会社人気ランキング1位を獲得して、人気も高い新電力会社です。

 

looopでんきのメリット

looopでんきにデメリットはある?評判は?|エネファン

looopでんきのメリットは基本料金が0円だということ。電気を使った分だけ支払いというシンプルなプランで分かりやすいです。
基本料が無料なのでかなり割安になる家庭もでてきますので、検針票を用意してlooopでんき公式ページのシミュレーションをしてみてください。どれほどお得になるかすぐに結果がわかります。
海外出張などで長期で家を空けることがある方にもオススメです。基本料金がかからないので従来電力よりもかなり節約になります。
また解約違約金もかからないので、気軽に切り替えることができます。

 

 

looopでんき
またlooop電気は法人に対して全国的に電気供給の実績もあります。地球にやさしい自然エネルギーを軸とした発電で2016年の4月には275件の供給が8月には1,271件の供給になり契約は増え続けています。一般家庭向けには2016年7月ですでに20,000件を超える申し込みがあります。エコな発電方法と実績を考えてもしっかりした会社だということが言えますので、安心して切り替えができます。

 

開始当初は東京電力・中部電力・関西電力管内のみの提供でしたが、2017年2月現在では北海道電力・東北電力・中国電力・九州電力管内の方も提供できるようになりますます契約が多くなっています。

 

 

looopでんきのデメリット

looopでんきのデメリットは現在のところ無いと言って問題ないです。
ただし、一人暮らしなどで電気の使用量が少ない人は電気代が高くなる可能性がありますので注意してください。シミュレーションですぐにお得になるかどうかわかりますので公式ページのシミュレーションをしてみてください。

 

電力自由化がスタートした2016年4月前後は申し込みが殺到してかなり待たされたという人もいますが、現在は解消されていますしネットで簡単に申し込みができますのでご利用ください。

 

電気料金

家庭用はおうちプランの1つ
基本料金が無料で使った分だけかかる仕組みでわかりやすいです。

  • 北海道電力:29円(税込)/kWh
  • 東北電力:26円(税込)/kWh
  • 東京電力:26円(税込)/kWh
  • 中部電力:26円(税込)/kWh
  • 関西電力:25円(税込)/kWh
  • 中国電力:24円(税込)/kWh
  • 九州電力:23円(税込)/kWh

 

支払いはクレジットカード
初期費用はかかりません

 

 

評判・口コミ

やはり「基本料金が0円」という今までになかったプランが目について契約まで行ったという方もいるくらい、驚愕のプランだと思います。基本料金というのは全く使わなくてもかかってしまうものなので、それが無料ということになると純粋に使った分だけ払えばOK!

 

また太陽光発電をはじめとした自然エネルギーを使った発電に力を入れているのもlooopでんきが応援されるポイントとなっています。自然環境に興味がある方がlooopでんきの考え方に賛同して申し込むという流れもあります。

 

解約違約金も無料なのでもし他の会社が良かったなと思っても、解約違約金もかからないので気軽に切り替えも可能です。
シミュレーションでお得になる金額がすぐわかります

 

 

 

 

・会社概要
株式会社Looop
本社所在地:東京都文京区本郷4-1-4 ユニゾ本郷四丁目ビル
資本金:499,000,000円
設立:2011年4月4日

 

 

・提供エリア
北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・九州電力管内