@niftyでんきにデメリットはある?評判は?|エネファン

@niftyでんきにデメリットはある?評判は?|エネファン

@niftyでんきの特徴

niftyでんき

@niftyでんき(ニフティでんき)はniftyのスマホかインターネットのサービスとまとめて使うことによりかなりお得になります。電気だけniftyにしても安くはなるのですがほかの会社に比べると割引率は低いです。

 

ニフティでんき
niftyのまるっと割を利用することによってお得になるので、今現在niftyのインターネットかスマホ、または両方をお使いの方もしくはこれからniftyのインターネットかスマホ、または両方をお使いになる方にはniftyでんきにすることをお勧めします。

 

@niftyでんきはこちらから

 

@niftyでんきのメリット

まるっと割

まるっと割を活用すること=@niftyのほかのサービス(ネット・スマホ)と組み合わせることで割引率は高くなります。スマホとネットを利用していれば割引額は一番大きくなります。スマホかネットどちらかしか利用していない場合でも割引されます。

 

・でんき+ネット割
ネット接続サービス利用料金が年間3,000円(250円/月)割り引き

 

・でんき+スマホ割
NifMo利用料金が年間3,000円(250円/月)割り引き

 

・でんき+スマホ+ネット割
ネット接続サービスとNifMo利用料金から年間5,400円(450円/月)割り引き

 

 

ネットかスマホもしくは両方をお使いの方は割引のメリットが高いのでニフティでんきへの変更を強くお勧めします。

 

 

@niftyでんきのデメリット

@niftyでんきのデメリットとしては、niftyのインターネットかスマホを使っていない場合は割引率は高くないので他の新電力会社をお勧めしています。また電気のみの契約もできるがniftyIDが必要になるため面倒。

 

 

電気料金

お住いのエリアと、niftyのスマホ、ネットサービスの使用によって変わってきます。
詳しくは公式ホームページのシミュレーションでご確認ください。

 

関東エリアで一般的な3〜4人の家庭の場合
@niftyでんきのみの契約
年間 -2,268円

 

+ネットとのまるっと割
年間 -5,508円

 

+ネット+スマホのまるっと割
年間 -8,100円

 

 

支払いは@nifty利用料金として支払い
@niftyでんきの解約金はかからない。しかし、まるっと割を適用している場合は@niftyでんきを解除すると適用外となるので注意

 

 

評判・口コミ

@niftyでんきの評判は二極化されています。
niftyのインターネットサービスを利用している方やさらにスマホもniftyのNifMoを利用している方にとっては、面倒な手続きもなく割引率も高くなるために好評です。なので現在niftyのネットを利用している方には電気もniftyでまとめると割引されますのでお勧めできます。

 

しかしniftyのネットを利用していない方にとっては割引率も高くなく、利用するとなればniftyIDを取得しなければならないなどメリットが低いので比較検討になることもないのが現状です。今後ネットもniftyを利用しようという方にとってはこの際にでんきもniftyにすることはおすすめできます。

 

 

 

 

・会社概要
ニフティ株式会社
本社所在地 東京都新宿区北新宿二丁目21番1号 新宿フロントタワー
資本金 37億46百万円
設立 1986年2月4日(株式会社エヌ・アイ・エフとして)

 

・提供エリア
東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力管内