電力自由化とは?仕組みを理解しよう|エネファン

電力自由化とは?仕組みを理解しよう|エネファン

電力自由化とは?

2016年4月にスタートした電力自由化とは一体どういう制度なのでしょうか?
仕組みを簡潔に説明します

 

電力自由化は正式には「電力の小売全面自由化」と言われ、国の政策の一つで文字通り電力の小売りが自由化されたということです。今まで各家庭では地域で決まった電力会社(東京なら東京電力、大阪なら関西電力など)から決まった値段でしか電力を購入することができませんでしたが、自由に電力会社やプランを選ぶことが可能になりました。

 

家庭への電力自由化が始まったことによって、自分のライフスタイルに合わせた電力プランから電力を購入することができます。そして電力自由化によって電力を販売する会社のことを新電力会社(PPS(Power Producer and Supplier))と呼びます。この新電力会社は「経済産業省 資源エネルギー庁」での登録が必要で、現在は300社以上が登録されています。

 

 

経済産業省の電力自由化についての説明動画

 

 

 

電力の小売自由化は歴史があり、2000年3月にデパートや大型の向上など「特別高圧」が電力を自由に選ぶことが可能になりました。その後2004年と2005年にスーパーや中層ビルなどの「高圧」区分へ拡大。そこから2016年4月に全面小売自由化が始まり、私たちの一般家庭でも電力会社を選ぶことが可能になりました。

※出典ENEONでんき

 

 

電力自由化とは?仕組みを理解しよう|エネファン記事一覧

電力自由化の仕組みと共に、電気がご家庭まで供給される仕組みを説明します。電力供給にはおおまかに発電送電小売の3つの部門に分かれていて発電は原則として自由に参入でき、今回Bに当たる小売の全面自由化で電力会社を選べるようになりました。@の発電に関しては原則自由参入できるので、色々な会社が発電を行っています。ただしAの送電部門だけは電力を安定して供給するという使命があるために今までの電力会社(東京なら東...

電力自由化で私たちが受けることのできるメリットやデメリットはどういったものがあるのでしょうか?メリット電気料金が安くなる電力自由化の一番のメリットは電気料金が安くなることです。今までは決められた値段で決められた電力会社からしか電気を買うことができませんでしたが、電力自由化で、たくさんある新電力会社から好きな会社・好きなプランを選ぶことが可能になりました。それによって電気料金が一番お得になるプランを...

新電力会社への契約・切り替え方法はとても簡単です。新電力会社に契約の申し込みを行うだけです。WEBで24時間いつでも簡単に申し込めます。切り替えたい新電力会社を決めたら「検針票」を用意してWEBで簡単申込。その際検針票に書かれた「供給地点特定番号」と「お客様番号」が必要になります。最新の検針票を用意してください。「供給地点特定番号」は1月以降の検針票に記載されています。私たちがすることはこれだけで...

電力自由化によって電力会社を選べるようになりましたが、マンションやアパートなどの賃貸では電力会社を切り替えることはできるのでしょうか?A.基本的にマンションなどの賃貸も好きな電力会社を選び切り替えることができます各戸が電力会社と直接契約を結んでいるマンションやアパートなら賃貸であっても好きに新電力会社を選び切り替えることができます。自分の名義で電力会社と直接契約をしている場合特に大家さんなどに連絡...

オール電化のご家庭は今回の電力自由化で何かメリットはあるのでしょうか?A.現時点ではメリットを受けられる可能性は低いです理由としてはオール電化の場合は従来電力会社(東京なら東京電力、大阪なら関西電力など)でオール電化のプランを用意しており、そのプランの電気代が一般と比べるとかなりお得になるように設定されてあるためです。そのため新電力のプランと比較しても割高になってしまうことがほとんどで、電気料金の...

2016年4月より電力自由化がスタートしましたが、いまいちよくわからないという方が多いのが現状です。そこで良くある質問をまとめましたので参考にしてみてください。電力自由化ってなに?電力自由化は正式には電力の小売全面自由化と言います。今までは決められた電力会社からのみしか電力を買うことができなかったが、私たち一般家庭の人も電力会社やプランを自由に選んで電力を購入できるようになりました。詳しくは⇒電力...