電力自由化のメリット・デメリット

電力自由化のメリット・デメリット|エネファン

電力自由化のメリット・デメリット

電力自由化で私たちが受けることのできるメリットやデメリットはどういったものがあるのでしょうか?

 

メリット

電気料金が安くなる

電力自由化の一番のメリットは電気料金が安くなることです。今までは決められた値段で決められた電力会社からしか電気を買うことができませんでしたが、電力自由化で、たくさんある新電力会社から好きな会社・好きなプランを選ぶことが可能になりました。それによって電気料金が一番お得になるプランを選べばかなり電気料金が安くなります。どの新電力会社を選んでも送配電のシステムは変わらないので、電気の質は今までと全く変わらず、停電などのリスクも全く変わりません。

 

またセット割などのプランもあり、電気とガスをまとめることで両方安くなったり、さらにソフトバンクやauなどの電話会社では電気とスマホ料金また家のネット回線までまとめると、全ての料金がお得になりかなり割安になるプランもあります。その他ポイント付与など行っているところもあり様々な方法でお得になるプランがあります。

 

 

競争が生まれサービスの質が向上

様々な新電力会社が参入してくることになると、そこには競争が生まれます。競争が生まれることで、よりやすい電気料金を打ち出す会社も出てくれば、サービスの質を上げてくる会社も出てきます。今までは従来電力会社が独占していましたので比較しようもなかったのですが、これからは電力会社を選べる私たち消費者の目がありますので、今までになかったようなサービスが生まれたり、電気料金のさらなる値下げなど私たちに嬉しいプランが生まれてくる可能性が大きいです。

 

 

エコへの意識が高い会社から電気を買える

昨今、地球温暖化など環境の悪化が懸念されている中、エコ(自然環境保全)への意識が高い新電力会社があります。風力や水力発電、太陽光やバイオマスなどの再生可能エネルギーで地球環境へ優しい発電を行っている会社の電気を購入することができます。ただし現状では送配電のシステムは変わらないのでその会社の電気と契約しても、家に届くのは色々な発電所で発電された電気が混ざったものになってしまいます。しかし料金は自分が選んで契約したエコな発電を行っている会社に払うことになるのでエコな発電を応援することになります。今後どんどん地球にやさしい発電が行われるようになれば嬉しいですよね。

 

原発問題もあるために原子力発電以外で発電を行っている企業に切り替えたいという需要が大きくなっています。

 

スマートメーターの優先設置

基本30分ごと、最短1秒ごとの電力使用量がチェックできる新しい電力量計「スマートメーター」が新電力と契約することで優先的に設置されます。新電力と契約しないで従来電力会社のままでも2024年ころまでに全家庭に導入されるといわれています。しかし新電力と契約するにはスマートメーターが必須となるため優先して設置されます。
今までは1ヶ月でどれだけの電気量を使ったかしかわかりませんでしたが、スマートメーターでは30分ごとのデーターが随時確認できるため節電や省エネにつながります。新電力会社の中には節電のサポートをおこなっているところもあり、結果としてエコや節約につながります。

 

スマートメーターの設置はよっぽど特殊な場合を除き無料で行われます。

 

切り替えは簡単

新電力会社に切り替えたい場合の手続きはとても簡単です。

 

検針票を用意して、新電力会社に申し込むだけでOK!

 

今まで使っていた電力会社への解約手続きは新電力会社が行ってくれます。ネットで簡単に申込できるので簡単に切り替えることができありがたいですね。

 

デメリット

電気料金が割高になる可能性

電力自由化でたくさんの新電力会社が色々なプランを提案しています。人から「○○会社のAプランが安い」という言葉を聞いてそのまま同じプランに申し込むと逆に電力料金が割高になってしまう場合があります。

 

なぜかというと、たくさん電気を使う家庭には割安になるが、電気使用量が少ない家庭には割高になるプランなどが存在するからです。
そのために新電力会社を選ぶ際は必ずシミュレーションを行ってください。自分でしっかり調べてから契約することが大事です。当サイトでも新電力会社のシミュレーションを行っていますので、お住まいの地域を選んで、検針票を用意して自分にあう最適プランを選んでみてください。
電気料金比較

 

解約違約金がかかる可能性

新電力会社に切り替えた後に、もっと安い会社が見つかったからまた切り替えようと思った時に解約違約金がかかる場合があります。当サイトでは解約違約金がいくらかかるか掲載していますが、新電力にする際にしっかりチェックしておかないといけない項目の一つです。
解約違約金が全くかからない会社も多く存在していて、そういう会社は安心して切り替えができます。

 

 

デメリットにならないこと

新電力に切り替えると「電気の質が落ちたり停電のリスクが増えるんじゃないの」と多くの方が疑問を抱いています。

 

答えとしては新電力に切り替えても「電気の質も従来と全く変わらず停電のリスクも変わらない」ということです。

 

なぜかというと送配電のシステムは変わらないためです。新電力に変えたから自分の家だけ停電になるということはありません。従来通りの電気が家庭に届くので心配いりません。

 

 

また契約した新電力会社が倒産したら電気が止まるんじゃないの?という質問も多いのでお答えします。
「契約した新電力会社が倒産しても電気が止まることはありません」

 

電気は生活に必要なインフラであるために安定した供給を実現してくれます。仮に電力会社が倒産した場合、各地域の従来電力会社から供給を受けることになります。