電力自由化の仕組み

電力自由化の仕組み|エネファン

電力自由化の仕組み

電力自由化の仕組みと共に、電気がご家庭まで供給される仕組みを説明します。

 

電力供給にはおおまかに

  1. 発電
  2. 送電
  3. 小売

の3つの部門に分かれていて発電は原則として自由に参入でき、今回Bに当たる小売の全面自由化で電力会社を選べるようになりました。
@の発電に関しては原則自由参入できるので、色々な会社が発電を行っています。

 

ただしAの送電部門だけは電力を安定して供給するという使命があるために今までの電力会社(東京なら東京電力、大阪なら関西電力など)が行います。つまり電力会社を変えても電力の質は全く変わらずに今まで通りに家庭に届くということです。電力小売自由化によって私たち一般家庭でも電力会社を選べるようになりましたが、電線などは今まで通りのものを使用するので送電には何も影響はありません。

 

 

例えば新電力会社のENEOSでんきと契約したとします。
電力自由化の仕組み

※出典ENEONでんき

この図のように色々な発電所で電気が作られますが、送配電事業者の送配電ネットワークを用いて家庭に届けられます。ENEOSでんきで発電した電気や、他で発電された電気をこの送配電部門がまとめて安定的に家庭に届けてくれますので、ENEOSでんきで作られた電気だけが家庭に送られるのではありません。その地域全ての発電所で作られた電気が送られてきます。これは従来と同じ方式のため、電気の質も今までと変わらず安定して家庭に電気が届くという仕組みです。

 

 

停電などのリスクも今までと全く変わりません。電力会社を変えたことによって自分の家だけ停電ということはあり得ませんので安心してください。
また従来電力会社から新電力会社に変更したとします。訳あって新電力会社が倒産したとしても、従来電力会社が供給を続けてくれる仕組みになっているので、電気がストップするようなことは一切起こりませんのでご安心ください。

 

スマートメーター

2024年ごろまでに各家庭に「スマートメーター」と呼ばれる電力量計が付きます